オリンピックのモーグル選手 あんなに膝を使うのになぜひざ痛にならない!?

名古屋市中村区中村町

ピラティススタジオAwakeの水谷です。

 

 

寒い日がまだまだ続く中、オリンピックは熱戦が繰り広げられていますね。

 

 

仕事柄ついつい選手を見る目は

 

 

「どうやって体を使って動いているだろう…」

 

 

なんて見てしまう自分がいたりします(笑)

 

 

そんな中で私が気になったのがモーグル選手。

 

 

あんなにこぶがいっぱいある斜面をうまく体を使って降りてくる選手を見て

 

 

あんなに屈伸を繰り返しながら膝を傷めずいられるものだと

 

 

思いながらも、やっぱり!なるほどなぁ~とも思ったことがありました。

 

 

それが膝を傷めない為の身体の使い方なんですよね。

 

 

 

膝の筋肉は複雑

 

 

 

膝が痛いという方にどこが痛いですがとお聞きすると

 

 

・ お皿の下

 

 

・ お皿の横(内側や外側)

 

 

・ 膝の裏

 

 

など、いろいろな部分を示されます。

 

 

その痛い部分によってどこの筋肉のバランスが悪いのか異なりますが

 

 

今日はどこの痛みについてもまずはある部分が「正しく」動いていないから

 

 

痛みが起こりやすくなるを解説したいと思います。

 

 

 

膝が痛くなる時はどんな時?

 

 

 

当スタジオのお客様で多いのが

 

 

階段を上ったり下りたりするときに痛くなる・・・

 

 

座るとき、立ち上がるときに痛くなる・・・

 

 

といわれる方が多くいらっしゃいます。

 

 

生活の中で一番膝の曲げ伸ばしに負荷がかかる時ですね。

 

 

正座ができないと言われる方も多いですね。

 

 

そんな方の特徴がある部分の筋肉がとても固くなっていることが多くみられます。

 

 

 

固くなりやすい = 使いにくくなっている筋肉

 

 

 

まずは自分の脚を足首から腿の付け根まで全面・横・後面を触ってみてください。

 

 

筋肉は力を入れていない時は柔らかく、グッと力を入れたら固くなるのが良い状態です。

 

 

どこか脚に力を入れていないのに固いところがないですか?

 

 

多くの方が「ここが固い!」と言われる部分があります。

 

 

 

その部分とは・・・!

 

 

 

太ももの全面部分です。

 

 

 

 

大腿四頭筋といいます。

 

 

この筋肉は膝を曲げる時に使ったり、脚を伸ばしたまま前に蹴る動作をするときに使う筋肉です。

 

 

老化とともに弱りやすい筋肉でもありますが

 

 

ある部分がちゃんと稼働していないと必要以上に使いすぎて固い筋肉になってしまいます。

 

 

もちろんとても脚を動かすのに大事な筋肉ですが

 

 

使いすぎて固くなると膝に負担をかけてしまう原因にもなってしまうのです。

 

 

 

大腿四頭筋を使いすぎないようにするためには〇〇が大切!

 

 

 

それは、股関節です。

 

 

は!?ちゃんと動いてますけど!?

 

 

という方がいたらこのストレッチをしてみてください。

 

 

 

 

イラストで説明すると、右の膝を左側の膝に4の字にかけ

 

 

左の腿を両手で抱えます。

 

 

そのままお尻を床から浮かないように左の腿をお腹の方に引いてみてください。

 

 

その時に、右のお尻が痛い・・・と感じた方は

 

 

右の股関節が正しく動いていない可能性が高いです。

 

 

反対側も同様にやってみてくださいね。

 

 

このストレッチを毎日続けていくと股関節が稼働しやすくなり

 

 

膝の痛みがなくなる方もいらっしゃいます。

 

 

階段や座るときに膝よりも股関節がきちんと動かすことが出来れば

 

 

膝痛になりにくいというわけです。

 

 

モーグルの選手はよく見ると膝は柔らかく移動しているだけで

 

 

股関節の運動で脚を操作しているので膝痛になりずらいんです。

 

 

膝が痛いという方、是非ストレッチをして股関節を使いやすくしてくださいね。

 

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

 

 

ピラティススタジオAwake
代表  水谷 有紀
453-0053
愛知県名古屋市中村区中村町7-43 キトウビル1階
TEL&FAX
 : 052-413-5551
e-mail  
  :  awake5551@yahoo.co.jp
URL
    :  http://www.pilatesbody-awake.com/

The following two tabs change content below.
水谷 有紀
リラクゼーションの仕事をしている時、毎週のように痛いところを訴えてみえるお客様を見て、ボディケアだけでは楽な身体を維持できないことを思い知らされました。 何とかならないものかと思い悩んでいる時、ピラティスと出逢い、自ら体験してまず自分の身体が変わったことに感動しました。 世の中のあらゆる方々がもっと楽で健康に過ごす為にはこれしかないと思い、ピラティストレーナーになることを決意。現在に至ります。 たくさんの方の健康で楽しく過ごす為のお手伝いができたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA